シマおこし研修交流会、無事開催いたしました

1123日に行われました「シマおこし研修交流会 in 南城市」ですが、小雨模様ではあったものの、無事催行されました。バスツアー参加者はマイクロバスにぎっしりの27名。大里庁舎を起点に、晩秋の南城市をぐるりと反時計回りで一周するツアーでした。

南城市観光協会の屋我英樹さんの案内により、午前中は西原明美さん邸、母ハーブ研究室さん、山入端政勝さん邸、津波古義治さん邸、お昼の休憩をはさんで、新垣嗣亀さん邸、山内光さん邸と、たくさんの美しいお庭を拝見することができました。

 屋我さんはオープンガーデンスタート時のエピソードなども交えつつ、それぞれのお庭の見どころなどについて、楽しく、詳しくガイドしてくださいましたので、ただお庭巡りをしただけではわからないようなことも知ることができました。

 また、お昼はjoy工房の與儀喜美江さんが特別に用意してくださった、さし草を使った手作りのお弁当をみんなでいただきました。厄介者のさし草も、優秀な健康食材としておいしく食べることができるというのは、ちょっとした驚きでした。

 バスツアー後の座学では、事例発表者と参加者が大きな一つの輪になって座り、地域おこしについて語り合いました。

 事例発表では、大ベテランの外間裕さんと富永尚信さんに、フレッシュな感性の酒井惠美子さんが加わり、様々な視点からのまちおこし事例を聞くことができました。参加者からの発言や質問も活発で、なかなか密度の濃い時間が過ごせたのではないかと思います。

 次回、沖地ネットのイベントは、2月上旬あたりに沖地ネット会員による活動発表会を予定しています。

 本格的な内容の検討はもう少し後になると思いますが、「発表したい!」という会員さまがいらっしゃったら、ぜひ手を挙げてくださいませ。積極的なご参加をお待ちしております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

植物の説明に聞き入る参加者

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スイーツ付きのさし草弁当
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
座学は大きな輪になって